接着剤のことなら『接着剤ツールファースト』
接着剤ツールファースト 『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
ホームご注文方法 接着材早見表
商品カテゴリ
木工ボンド
速乾ボンド
コンクリボンド
ネダボンド
ジカバリ・束用など
コーキング剤
補修剤など
エポキシ系
水性ビニルウレタン
石材・タイル用・瓦用
瞬間接着剤
その他の接着剤
スプレーのり・スプレープライマーなど
木材用塗料・塗布型漆喰
自然塗料など
防虫・防腐剤
テープ類
ワックス
その他の素材
その他の塗料
塗装用具その他
接着剤早見表
接着剤ツールファースト検索
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために
接着剤の適切な使い方
接着の被着材別チェックポイント
接着剤のはがし方の基本
接着剤の試験方法
接着用語集
このサイトについて
ご注文方法
お支払方法
送料(配達方法)
返品について
販売規約
お問い合わせフォーム
リンク・その他について
相互リンク集1
相互リンク集2
相互リンク集3
相互リンク集G
店長のコラム

 

接着剤ツールファースト

電話・Faxでのお問い合わせ
0120-37-3785
(平日AM9:00〜PM5:00)

メールでのお問い合わせ
info@toolfirst.jp


サイトに載っていない商品や質問など、お気軽にお問合せください。

セメダイン スーパーXゴールドNo.777
『接着剤ツールファースト』 HOME >> その他の接着剤 >> セメダイン スーパーXゴールドNo.777クリアー・ ホワイト・ブラック
メーカー:セメダイン 表示価格はすべて税込価格です。

セメダイン スーパーXG ホワイト
▲このページの上へ

詳細テクニカルデータ
商品名 セメダイン スーパーXゴールドNo777 クリヤー・ホワイト・ブラック
メーカー セメダイン
商品番号 --
特長
  1. 環境対応・シロキサンフリー
    ・ 厚生労働省指針値策定14物質不使用
    ・ ホルムアルデヒド規制対象外
    「JAIA F☆☆☆☆」登録品
    ・ 日本接着剤工業会4VOC基準適合品
    ・ 接点障害の原因となる低分子環状シロキサン非含有(※D3〜10の環状シロキサン化合物)
  2. 作業しやすい1液湿気硬化・速硬化
    ・ 混合・過熱不要のエネルギーレス
    ・ オープンタイムをとることにより、水分供給がない被着体でも速硬化が可能
  3. 接着耐久性能
    ・ 各種被着体に対する良好な接着性
    ・ 長期的な熱老化条件下でも接着性低下が少ない
用途
  1. 初期立上がり強度を必要とするあらゆる接着用途
  2. 熱膨張係数の異なる異種材料の接着用途
  3. 冷熱繰り返し等の耐久性を必要とする接着
性状 アクリル変成シリコン樹脂系
仕様 NET.135ml×5本入り
定価 ---円
販売価格 7,560円
発送 受注後約1〜3営業日後
ポイント
瞬間弾性コンセプト
  • 硬化性レベルが「速硬化」から「即硬化」の領域にレベルアップしたことにより、オープンタイムを有効に利用した、秒速〜分速(30秒〜2分)の固着を実現。※
  • この短時間固着に加えて「ゴム弾性による高い衝撃抵抗性」により、瞬間弾性を実現。
    ※23℃50%RH、片面100μmの両面塗布にて、 秒速〜分速(30秒〜2分)のハンドリング可能時間(仮固定)を実現。
▲このページの上へ
(性状)
項 目
性 状 
主成分
アクリル変成シリコン樹脂
外 観
白色〜白黄色ペースト(硬化物:白色)
粘度(Pa・s/23℃)
90
密度(g/cu)
1.14
タックフリータイム(分)
2
引張りせん断接着強さ(N/mu
3.46
T形はく離接着強さ(N/mm)
2.2
硬化物
物 性
硬さ(ショアA)
47
破断強度(N/mu
1.40
破断時伸び(%)
120
有  効  期  限
12ヶ月(冷暗所保管)

(初期硬化性)

温 度
タックフリータイム
5℃
7分
10℃
4分
23℃
2分
30℃
1.5分
40℃
1分

 

(深部硬化性)

温 度
硬化時間
1日後
2日後
4日後
7日後
5℃
硬化被膜厚さ
(m/m)
1.00
1.45
2.05
2.75
23℃
1.40
2.10
2.95
3.90
35℃
2.20
3.30

4.75

6.30

ポイント
  • 従来のスーパーX No8008シリーズのタックフリータイム8〜11(23℃)に対して「スーパーXGホワイト」は2分(23℃)という4〜6倍の速硬化レベルを示す。
  • 低温化(5〜10℃)でも4〜7分とその速硬化性を維持している。
▲このページの上へ
(初期接着性能)

初期立ち上がり引張せん断接着強さ(N/mu) 合板×合板

硬化時間(23℃50%雰囲気下)
30秒
1分
2分
3分
4分
5分
10分
20分
30分
7日
オープンタイム0分
0.00
0.00
0.02
0.32
0.73
0.85

1.41

2.02
2.38

3.15

オープンタイム1分
0.00
0.10

0.42

0.82

1.20
1.64
2.02
2.40
2.42
3.15
オープンタイム2分
0.04
0.34
0.60
1.04
1.40
1.82
1.88
1.90
2.00
3.12
オープンタイム3分
0.12
0.29
0.60
0.76
1.01
1.40
1.76
1.80
1.86
3.10
塗布量:片面100μMの両面塗布

初期立ち上がり引張せん断接着強さ(N/mu) 合板×合板

硬化時間(23℃50%雰囲気下)
30秒
1分
2分
3分
4分
5分
10分
20分
30分
7日
オープンタイム0分
0.00
0.00
0.01
0.01
0.01
0.02
0.02
0.17
0.20
3.77
オープンタイム1分
0.00
0.00
0.19
0.50
0.70
0.91
1.42
1.68
1.90
3.69
オープンタイム2分
0.02
0.22
0.36
0.56
0.69
0.77
0.98
1.40
1.86
3.25
オープンタイム3分
0.04
0.10
0.30
0.44
0.62
0.69
0.82
1.31
1.43
3.18
塗布量:片面100μMの両面塗布

ポイント
  • 空気中の水分により湿気硬化するので、オープンタイムとることが有効です。
  • 2分以内のオープンタイムで張り合わせることが好ましいです。オープンタイムが3分になると接着剤表面に硬化皮膜が形成され、強度が下がる場合があるので注意してください。
  • 非多孔質材料の金属、プラスチックの接着では、塗布後約1分のオープンタイムで約2分後には強度発現する(ハンドリング可能時間2分/23℃)。塗布後約2分のオープンタイムでは約30秒〜1分後に強度発現する(ハンドリング可能時間30秒〜1分/23℃)。
  • 木材などの多孔質材料であれば、更に硬化速度は速くなり、塗布後約1分のオープンタイムで約1分後には強度発現する(ハンドリング可能時間約1分/23℃)。
  • 適正オープンタイム及びハンドリング可能時間は、温度湿度及びと不漁により変わるので、事前に確認してください。
▲このページの上へ
(各種材料に対する接着性能)
        被着材
引張りせん断接着強さ(N/mu)

アルミ板

3.77
軟鋼板

3.46

アクリル
2.56
硬質塩ビニル
2.65
ABS  
2.61
6-ナイロン 
2.39
ポリカーボーネート  
2.56
ポリスチレン 
1.39
PET(ポリエチレンテレフタレート) 
2.56
PPO(ポリフェニレンオキシド)
2.42
合板
3.15
2.18
カバ材
3.47

23℃50RH×7日間硬化養生 ※塗布量:片面100μm両面塗布

被着材
平面引張り接着強さ(N/mu)

スレート

1.77
タイル

2.36

ガラス
2.34
御影石
2.62


被着材

T型はく離接着強さ(N/mm)

軟質塩化ビニル

3.1
NBRゴム
1.1
EPDM (バフがけ)
0.6
牛革裏面
3.7
牛革表面
1.7
▲このページの上へ

(耐熱劣化性)

暴露期間
80℃
100℃
120℃
130℃

1週間

5.00 
4.60
4.31
3.89
2週間

4.37 

5.25
4.59
4.16
4週間
4.77 
4.74
4.52
3.67
8週間
5.34 
5.05
3.88
2.98

3℃50RH×7日間硬化養生 
※塗布量:片面100μm両面塗布
※被着材:アルミ×アルミ


(冷熱衝撃性)

サイクル数

引張りせん断接着強さ(N/mu)

100回

4.25
200回
4.33
300回
4.94

※23℃50RH×7日間硬化養生 
※塗布量:片面100μm両面塗布
※被着材:アルミ×アルミ
※1サイクル:80℃×1時間⇔30℃×1時間

(耐薬品性)

薬 品

引張りせん断接着強さ(N/mu)

30%硫酸

3.72
10%塩酸
3.88
1%酢酸
3.46
10%酢酸

3.03

マシン油
3.88
N-へキサン
2.58
MEK
2.02

※23℃50RH×7日間硬化養生 
※塗布量:片面100μm両面塗布
※被着材:アルミ×アルミ
※各薬品中に7日間浸漬。その後23℃50RHに3日間放置後測定。

(熱間接着強度)

温 度

引張りせん断接着強さ(N/mu)

0℃
5.06
23℃
3.77
50℃
1.67
80℃
1.49
100℃
1.28
120℃
0.85

※23℃50RH×7日間硬化養生 
※塗布量:片面100μm両面塗布
※被着材:アルミ×アルミ 

使用法
  1. 接着面のゴミ、ホコリ、サビ、油などのよごれを取り除いてください。
  2. 接着面が濡れている場合は充分に乾燥させてください。
  3. ヘラなどで両面に薄く均一に塗布してください。
    基準と不漁:平滑面150〜200g/u(両面合計)
  4. そのまま約1分間放置します。
  5. 5分以内で動かなくなり、1時間で実用強度に達します。
    ※5℃以下の低温になりますと硬化は遅くなります。
『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
▲このページの上へ
商品分類
木工ボンド速乾ボンドコンクリボンドネダボンドジカバリ・束用などコーキング剤補修剤などエポキシ系水性ビニルウレタン石材・タイル用・瓦用瞬間接着剤その他の接着剤スプレーのり・ スプレープライマーなど木材用塗料・塗布型漆喰自然塗料など防虫・防腐剤テープ類ワックスその他の素材その他の塗料塗装用具その他
ご購入に際して
ご注文方法お支払方法送料(配達方法)について返品について特定商取引法に基づく表記お問い合わせフォーム
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために接着剤の適切な使い方接着の被着材別チェックポイント接着剤のはがし方の基本接着剤の試験方法接着用語集
リンク・その他について
相互リンク集店長 木村のお勧め情報バックナンバー
© 2004 TOOLFIRST. All Rights Reserved. SEO対策/ホームページ制作 bit.