接着剤のことなら『接着剤ツールファースト』
接着剤ツールファースト 『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
ホームご注文方法 接着材早見表
商品カテゴリ
木工ボンド
速乾ボンド
コンクリボンド
ネダボンド
ジカバリ・束用など
コーキング剤
補修剤など
エポキシ系
水性ビニルウレタン
石材・タイル用・瓦用
瞬間接着剤
その他の接着剤
スプレーのり・スプレープライマーなど
木材用塗料・塗布型漆喰
自然塗料など
防虫・防腐剤
テープ類
ワックス
その他の素材
その他の塗料
塗装用具その他
接着剤早見表
接着剤ツールファースト検索
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために
接着剤の適切な使い方
接着の被着材別チェックポイント
接着剤のはがし方の基本
接着剤の試験方法
接着用語集
このサイトについて
ご注文方法
お支払方法
送料(配達方法)
返品について
販売規約
お問い合わせフォーム
リンク・その他について
相互リンク集1
相互リンク集2
相互リンク集3
相互リンク集G
店長のコラム

 

接着剤ツールファースト

電話・Faxでのお問い合わせ
0120-37-3785
(平日AM9:00〜PM5:00)

メールでのお問い合わせ
info@toolfirst.jp


サイトに載っていない商品や質問など、お気軽にお問合せください。

コニシボンドパネルボンドKU
『接着剤ツールファースト』 HOME >> ジカバリ、束用など >> コニシボンドパネルボンドKU
メーカー:コニシボンド 表示価格はすべて税込価格です。
コニシボンドKU928C
お振込みで2箱(20本)以上の場合送料がかかりません。(地域によっては、かかる場合がございます。)送料、出荷日についてのご注意。
不要なウレタン系接着剤を拭き取るシート『ふき太郎』をお試し下さい。
▲このページの上へ

詳細テクニカルデータ
商品名 コニシパネルボンドKU
メーカー コニシボンド
商品番号 001605
特長

パネルボンドKUは各種木質構造部材の接着に適した1液湿気硬化型ウレタン樹脂系接着剤です。

JAIA F☆☆☆☆

  • 無溶剤形です。(有機溶剤を含んでおりません。)
  • 消防法上非危険物のため、火気に対する安全性が高くなっています。
  • 労働安全衛生法の規制を受けず、取り扱いが容易です。
  • 広範囲の被着体に対して優れた接着性を示します。
  • マスチック形のため垂直面へも容易にビート塗布でき、ダレたり流れたりしません。
  • 木材同士の接着の場合、簡単な圧締で構造用としての機能を発揮します。
  • 低温硬化性に優れ0℃の条件でも実用強度が得られます。
  • 耐水、耐熱、耐候性に優れています。
  • 凹凸のある接着剤への充てん接着が可能です。 
用途
  • 工場生産における各種木質構造用部材の接着。
  • 建築現場における木質構造用パネル同士の接着及びパネルと土台、根太、柱、梁等の接着。
  • 各種木質部材、無機質板同士、及びそれらとプラスチック、金属等との接着。
    基礎コンリートと発泡ポリスチレンの接着。
    発泡ポリスチレンとケイ酸カルシウム板の接着。
    外壁材サイディングの接着。
    外壁材サイディングコーナー部材の接着。
性状 ウレタン樹脂系
仕様 NET.330ml(510g)×10本入り
定価 --円
販売価格

10,150円

発送 受注後約1日
▲このページの上へ
(性状)
主成分 湿気硬化型ポリウレタン樹脂
外観 淡黄白色ペースト状
粘度(Pa・s) 90〜110(23℃ )
比重 1.58〜1.68(23℃ )
▲このページの上へ
(技術データ)

※以下のデータは断りのない限り、すべて23±2℃、50±5%RHの標準状態で試験したものです。

1.各種木材への接着性(圧縮せん断接着強さ試験)

 
カバ/カバ
ベイマツ/ベイマツ
スプルース/スプルース
ベイツガ/ベイツガ
常態試験強さN/mu{kgf/cu}(木部破断率)
16.6{169}(100) *
11.3{115}(100)
13.2{135}(100)
10.1{103}(100)
煮沸繰り返し接着強さN/mu{kgf/cu}(木部破断率)
7.68{78}(75) *
5.77{59}(85)
4.78{49}(90)
5.14{52}(90)
加熱暴露接着強さN/mu{kgf/cu}(木部破断率)
14.6{148}(100)
--
--
7.10{72}(100)

*埼玉県工業技術研究所にて試験

※試験条件
常態接着強さ:標準状態で接着、4日間養生
煮沸繰り返し接着強さ:標準常態で接着、4日間養生、沸騰水中に4時間浸してから、60℃の乾燥機中で20時間乾燥し、再び沸騰水中に4時間浸す。その後、室温の水中にさめるまで浸し、濡れたまま測定する。
加熱暴露接着強さ:標準状態で接着、4日間養生、90℃のオーブンに30日間放置
測定条件:JIS K 6852に準拠して行った。(以下圧縮せん断接着強さ試験は本方法による)。

2.各種被着材への接着性(引張せん断接着強さ試験)

  常態試験強さN/mu{kgf/cu}(木部破断率)
アサダ/ポリスチレン
3.2{33}(100)
アサダ/アクリル
9.6{98}(75)
アサダ/ポリカーボーネード
9.3{95}(70)
アサダ/ABS
6.1{62}(100)
アサダ/硬質塩ビ
9.3{95}(100)
アサダ/FRP(エポキシ)
11.9{121}(10)
スレート/発泡ポリスチレン(15.倍)
2.8{28}(100)
アサダ/アルミ(A1050P)
3.4{35}(0)
アサダ/ステンレス(SUS304)
4.2{43}(0)
アサダ/亜鉛鋼板
12.9{132}(10)
アサダ/鋼板(SPCC-SB)
13.3{136}(25)

※試験条件:標準状態で接着、4日間養生
測定方法:JIS K 6850に準拠。

3.はり合わせ可能時間(圧縮せん断接着強さ試験)

オープンタイム
0分
10分
30分
60分
常態試験強さN/mu{kgf/cu}(木部破断率)

9.9{101}(65)

11.4{116}(75)
14.1{143}(90)

10.5{103}(50)

 ※被着材:スプルース/スプルース(含水率 約12%)
試験条件:標準状態で接着、4日間養生

4.各種接着剤との比較

 
パネルボンド
汎用エポキシ樹脂
酢ビエマルジョン
低温硬化性 
×
耐水性
×
間隙充てん性 
×
作業性 
○1液
×2液
○1液
各種被着材への接着性 
○〜△
低温圧締時の接着性 
×


使用法

※被着材表面のゴミ・ホコリ・油分・サビ・水分などを取り除いてください。(木材の凹凸はカンナなどで平滑にしてください。)

  1. カートリッジ底部のアルミ膜を大きく破ってからノズルの先端をナイフなどで切断しノズルを締め付けてカートリッジガンにセットしてください。
  2. ビート状に塗布してください。
    ノズルの口径
    3mmの場合:約45M施工可能
    5mmの場合:約15M施工可能
    7mmの場合:約6M施工可能
  3. 塗布直後からはり始め、下記の条件内ではり終えてください。
    季節区分
    夏 季
    冬 季
    はり合わせ可能時間 20分以内 60分以内
    ※はり合わせ後、できるだけ早く釘などで仮止めしてください。
  4. 養生
    ※パネルボンドKUは、水分と反応して硬化するため、一度アルミ膜を破った製品はすみやかに使い切るようにしてください。
    ※被着材の表面などに付着した場合、すぐに乾いた布や少量の有機溶剤を含ませた布で拭き取ってください。
    ※使用器具の汚れは、使用後すぐに有機溶剤等で洗浄してください。
『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
▲このページの上へ
商品分類
木工ボンド速乾ボンドコンクリボンドネダボンドジカバリ・束用などコーキング剤補修剤などエポキシ系水性ビニルウレタン石材・タイル用・瓦用瞬間接着剤その他の接着剤スプレーのり・ スプレープライマーなど木材用塗料・塗布型漆喰自然塗料など防虫・防腐剤テープ類ワックスその他の素材その他の塗料塗装用具その他
ご購入に際して
ご注文方法お支払方法送料(配達方法)について返品について特定商取引法に基づく表記お問い合わせフォーム
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために接着剤の適切な使い方接着の被着材別チェックポイント接着剤のはがし方の基本接着剤の試験方法接着用語集
リンク・その他について
相互リンク集店長 木村のお勧め情報バックナンバー
© 2004 TOOLFIRST. All Rights Reserved. SEO対策/ホームページ制作 bit.