接着剤のことなら『接着剤ツールファースト』
接着剤ツールファースト 『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
ホームご注文方法 接着材早見表
商品カテゴリ
木工ボンド
速乾ボンド
コンクリボンド
ネダボンド
ジカバリ・束用など
コーキング剤
補修剤など
エポキシ系
水性ビニルウレタン
石材・タイル用・瓦用
瞬間接着剤
その他の接着剤
スプレーのり・スプレープライマーなど
木材用塗料・塗布型漆喰
自然塗料など
防虫・防腐剤
テープ類
ワックス
その他の素材
その他の塗料
塗装用具その他
接着剤早見表
接着剤ツールファースト検索
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために
接着剤の適切な使い方
接着の被着材別チェックポイント
接着剤のはがし方の基本
接着剤の試験方法
接着用語集
このサイトについて
ご注文方法
お支払方法
送料(配達方法)
返品について
販売規約
お問い合わせフォーム
リンク・その他について
相互リンク集1
相互リンク集2
相互リンク集3
相互リンク集G
店長のコラム

 

接着剤ツールファースト

電話・Faxでのお問い合わせ
0120-37-3785
(平日AM9:00〜PM5:00)

メールでのお問い合わせ
info@toolfirst.jp


サイトに載っていない商品や質問など、お気軽にお問合せください。

コニシ ボンドユニエポ補修用プライマー
『接着剤ツールファースト』 HOME >> エポキシ系 >> コニシ ボンドユニエポ補修用プライマー
メーカー:コニシボンド 表示価格はすべて税込価格です。
コニシ ボンド ユニエポ補修用プライマー
商品代金10,800円以上お買い上げのときは、送料がかかりません。(1部の地域ではかかる場合がございます。)
▲このページの上へ

詳細テクニカルデータ
商品名 コニシ ボンドユニエポ補修用プライマー
メーカー コニシ ボンド
商品番号 001339
特長

防錆用常温硬化・硬質1液型エポキシ樹脂系プライマー(タックコート)

国土交通省大臣官房庁営繕部監修 建築改修工事監理指針 鉄筋コンクリート用防せい材の品質 基準(案)適合。
東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社 構造物施工管理 要領「鉄筋防錆材の性能照査項目」の試験適合。

「ボンド ユニエポR補修用プライマー」は、防錆機能を有する1液湿気硬化型硬質エポキシ樹脂系プライマーです。中粘度で適度な揺変性がありますので、塗布作業性に優れ、露出鉄筋補修用樹脂モルタルの防錆材を兼ねたタックコート材として最適です。
JAIA-007293 F☆☆☆☆
JAIA-401296 4VOC基準適合

  • 1液型ですので、計量や混合といった繁雑な作業が不要で、可使時間の制約を受けません。
  • かぶれにくく、刺激の強いアミン臭がありません。
  • 防錆とタックコートの機能を併せ持っていますので、工程を短縮できます。
  • 2液型と同様に、高い機械的強度と幅広い接着性、優れた接着耐久性を有しています。
  • 2液型と同様に、湿潤面接着性、耐水性に優れています。
用途
  • 防錆用プライマー :露出鉄筋補修用防錆プライマー
  • 樹脂モルタルのタックコート :断面修復用樹脂モルタルのタックコート
  • ポリマーセメントモルタルのタックコート :断面修復用ポリマーセメントモルタルのタックコート
性状 エポキシ樹脂系、防錆剤
仕様 NET.500g×1缶
定価 --円
販売価格 2,030円
発送 通常受注後約1〜2営業日後出荷
▲このページの上へ
(樹脂の性状)
項 目
ボンド ユニエポ補修用プライマー
主成分
エポキシ樹脂、防錆剤
硬化システム
湿気硬化型

外 観

白色粘調液体
粘 度[23℃]
12.5±7.5Pa・s

※数値は規格値ではありません。
(技術データ)

1.硬化樹脂の性能及び測定値例

試 験 項 目 
社内規格値
測定値例
試験条件
試験方法
硬化物比重
1.20±0.05
1.20

23.℃・7日間

 
引張接着強さ(N/mu)
2.0以上
3.4
23℃・7日間
JIS A 6909
モルタル曲げ
接着強さ(N/mu)
標準条件

-

6.7
23℃・7日間
JIS A 6024
(接着剤層:0.3mm)
耐水条件
-
5.5
23℃・7日間
23℃・水中浸漬・7日間

 

2. タックコートとしての性能および測定値例

試験項目
段面修復剤
測定値例
試験条件
試験条件
接着強さ(N/mu)
破壊状態
引張接着強さ試験
ボンドKモルタル
2.6
M
23℃・7日間
養生
建研式引張試験
ボンドEモルタル

2.0

m
ボンドVPセメントL
1.9
m
破壊状態:M=下地(コンクリート舗道板)の破壊、m=断面修復材の破壊

3.防錆製(塩水噴霧)

暴露時間(時間)

500

1000
1500

状  態(目視)

異常なし
異常なし
異常なし

試験方法:JIS K 5600参照

 


 

(使用方法)
  • 施工面は、ホコリや油などを取り除き乾燥させてください。
  • 空気中の湿気で硬化します。開封後はすみやかに使い切るようにしてください。
  • 器具類に付着した樹脂は、硬化する前に有機溶剤でふき取ってください。
  • 養生にあたっては過度の振動、衝撃、水分などを与えないように注意してください。
  • 低温時は硬化が著しく遅くなります。原則として、気温5℃以上の環境で使用してください。
  • 降雨、降雪時の施工は避けてください。
  • 非多孔質同士の接着には適していません。
  • 樹脂層の厚みが大きくなる充てん接着などの用途には適していません。
  • 標準塗布量 コンクリートモルタル面 → 0.2〜0.4kg/u
             鉄筋面 → 0.1〜0.3kg/u
  • 次工程の作業は、タックのある間に行ってください。
    (目安として、20℃で約2時間以内、30℃で約1時間以内)

『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
▲このページの上へ
商品分類
木工ボンド速乾ボンドコンクリボンドネダボンドジカバリ・束用などコーキング剤補修剤などエポキシ系水性ビニルウレタン石材・タイル用・瓦用瞬間接着剤その他の接着剤スプレーのり・ スプレープライマーなど木材用塗料・塗布型漆喰自然塗料など防虫・防腐剤テープ類ワックスその他の素材その他の塗料塗装用具その他
ご購入に際して
ご注文方法お支払方法送料(配達方法)について返品について特定商取引法に基づく表記お問い合わせフォーム
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために接着剤の適切な使い方接着の被着材別チェックポイント接着剤のはがし方の基本接着剤の試験方法接着用語集
リンク・その他について
相互リンク集店長 木村のお勧め情報バックナンバー
© 2004 TOOLFIRST. All Rights Reserved. SEO対策/ホームページ制作 bit.