接着剤のことなら『接着剤ツールファースト』
接着剤ツールファースト 『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
ホームご注文方法 接着材早見表
商品カテゴリ
木工ボンド
速乾ボンド
コンクリボンド
ネダボンド
ジカバリ・束用など
コーキング剤
補修剤など
エポキシ系
水性ビニルウレタン
石材・タイル用・瓦用
瞬間接着剤
その他の接着剤
スプレーのり・スプレープライマーなど
木材用塗料・塗布型漆喰
自然塗料など
防虫・防腐剤
テープ類
ワックス
その他の素材
その他の塗料
塗装用具その他
接着剤早見表
接着剤ツールファースト検索
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために
接着剤の適切な使い方
接着の被着材別チェックポイント
接着剤のはがし方の基本
接着剤の試験方法
接着用語集
このサイトについて
ご注文方法
お支払方法
送料(配達方法)
返品について
販売規約
お問い合わせフォーム
リンク・その他について
相互リンク集1
相互リンク集2
相互リンク集3
相互リンク集G
店長のコラム

 

接着剤ツールファースト

電話・Faxでのお問い合わせ
0120-37-3785
(平日AM9:00〜PM5:00)

メールでのお問い合わせ
info@toolfirst.jp


サイトに載っていない商品や質問など、お気軽にお問合せください。

ボンドE350R
『接着剤ツールファースト』 HOME >> エポキシ系 >> ボンドE350R
メーカー:コニシ 表示価格はすべて税込価格です。
ボンドE350R
商品代金10,800円以上お買い上げのときは、送料がかかりません。(1部の地域ではかかる場合がございます。)
▲このページの上へ

詳細テクニカルデータ
商品名 ボンドE350R
メーカー コニシ
商品番号 001370
特長

ボンドE350Rは、JIS A 5536 床仕上げ用材用接着剤に適合し、トルエン、キシレンを含有しない健康住宅対応タイプのエポキシ樹脂系床材用接着剤です。

  • 安全性:厚生労働省指針値策定の13物質を配合しておりません。
  • 作業性が良好:粘度が低く混合攪拌が容易でコテさばき、伸びが優れております。
  • はり付け可能時間が長い:塗布後20℃で約60分の貼りつけ可能時間があります。
  • 耐水性が良好:硬化後の耐水および耐湿性が良好です。
用途
  • 廊下、集会所、大広間などの一般床、および土間、台所、洗面所など湿気や水分が心配される箇所の木質フロア、パーケットとコンクリート、モルタル、合板などの接着に。
    ※高級塩ビ系床材はプライマー#80を併用してください。
    ※アスファルト系下地に使用した場合、表面を溶かす恐れがあります。事前にチェックしてください。
    ※発泡スチロールの接着には使用できません。

 

性状 エポキシ樹脂系
仕様 NET.--
定価 --円
販売価格 --円
発送 受注後約1〜2営業日後発送
▲このページの上へ
(性状)
品 名
E350R(主剤) E350R(硬化剤)
主成分
エポキシ樹脂
ポリアミドアミン
外 観
白色粘稠液
灰黒色粘稠液
粘度(mPa・s/23℃)
9000±3000
6000±3000
比 重
1.40±0.10
1.40±0.10
混合比
主剤:硬化剤=1:1(質量比)  
可使時間
混合後約60分(20℃、1kg) 
はり付け可能時間
塗布後約60分(20℃)
目違い修正時間
塗布後約120分(20℃)

※性状は改良のため予告なく変更することがあります。数値は規格ではありません。
▲このページの上へ
(技術データ)
1.木質フローリングの引張接着強さ(測定値例)

発泡体裏打ち
フローリング
木質フローリング
サクラ
ナラ
ブナ
常態接着強さ
0.7 ※1
1.9 ※2
1.8 ※2
1.8 ※2 
耐水接着強さ 
0.7 ※1 
1.5 ※2 
1.6 ※2 
1.4 ※2 


試験条件   :JIS A 5536 の引張接着強さ試験に準拠
  下    地   : JIS A 5371 の規定する舗装用コンクリート平板
  単   位   : N/mu
  常温接着強さ: 20℃,48時間養生後引張試験
 耐水接着強さ: 20℃,168時間養生後試験体を168時間水浸漬後試験
  破壊状態   :※1 裏打ち発泡剤の材料破壊100% ※2 コンクリート平板の材料破壊100

 

2.オープンタイムと引張接着強さ(測定値例)

気温
オープンタイム
15分
30分
60分
90分
120分
常態接着強さ
N/mu
10℃
0.7 ※1  
0.7 ※1  
0.6 ※1  
0.7 ※1   
0.6 ※1
20℃ 
0.6 ※1  
0.7 ※1  
0.7 ※1   
 
30℃ 
0.7 ※1  
0.6 ※1  
 
 


※試験条件   :JIS A 5536 の引張接着強さ試験に準拠
  被 着 体  : 発泡体裏打ち木質フローリング材 
  下    地   : JIS A 5371 の規定する舗装用コンクリート平板
  常温接着強さ: 20℃,48時間養生後引張試験
  破壊状態   :※1 裏打ち発泡剤の材料破壊100% 

 

3.ビニル床タイルの接着強さ(測定値例)

試験項目
測定値例
JISA5536の規定値
常態接着強さ
1.7 ※1
0.8以上
耐水接着強さ
1.5 ※2
0.5以上

※試験条件   :JIS A 5536 の引張接着強さ試験に準拠
  下    地   :JIS A 5371 の規定する舗装用コンクリート平板
  被 着 体  :JIS A 5705 に規定するビニル床タイルのうち、コンポジットビニル床タイルで半硬質のもの。 
  常温接着強さ: 20℃,48時間養生後引張試験
  破壊状態   :※1 裏打ち発泡剤の材料破壊100% ※2 コンクリート平板の材料破壊100 

▲このページの上へ
(使用方法)
  1. 下地処理
    下地は平滑に仕上げ、ゴミ、ホコリ、油などを除去してください。
  2. 混合
    コニシボンドE350Rの主剤と硬化剤を1:1(質量比)で計算し、全体が均一になるまで混ぜ合わせてください。
  3. 塗布
    コニシボンドE350Rの充分に混合後、くし目ゴテで均一に、クシ目がはっきり目立つように塗り広げてください。
    塗布量は木質パーケットでは500〜800g/u、ビニル床タイルでは300〜500g/uを目安としてください。
  4. はり付け
    コニシボンドE350Rの塗布直後からはり始め、下記条件を目安にはり終えて下さい。
    気 温
    10℃
    20℃
    30℃ 
    はり付け可能持間
    120分以内
    60分以内
    30分以内
    ※10〜30分オープンタイムをとると、粘着性が出ておさまりが向上します。
    ※施工時に直射日光や風の当たる場所では、はり付け可能時間が短くなります。
  5. 圧着
    コニシボンドE350Rの塗布直後から120分(20℃)以内に良く圧着してください。また目違いもこの時間以内に修正してください。
  6. 養生
    夏季は3日以上、冬季は7日以上養生してください。

    ※厚生労働省指針値策定(2002年1月22日)の13物質を配合しない、健康住宅対応タイプの接着剤ですが、引火性のある有機を含有しております。作業中、引火及び有機溶剤を含有しております。作業中、引火及び有機溶剤中毒の恐れがありますので、火気、換気に注意し、施工後も窓を開ける等、充分に喚起してください。
    ※硬化した接着剤は有機溶剤に溶解いたします。こぼした場合や床材の表面を汚した場合は、ただちにウエスなどでふき取ってください。
    ※低温環境下では著しく硬化が遅れます。原則として5℃以上の温度で施工してください。
    ※ビニール系床材の材質、または木質床材の裏打ち材の種類によっては接着力が得られないことがあります。



『接着剤ツールファースト』は、接着剤のことならどこにも負けません。上の商品分類から必要な接着剤を吟味して、お買い求め下さい。接着剤についての疑問・質問も受付中!!
▲このページの上へ
商品分類
木工ボンド速乾ボンドコンクリボンドネダボンドジカバリ・束用などコーキング剤補修剤などエポキシ系水性ビニルウレタン石材・タイル用・瓦用瞬間接着剤その他の接着剤スプレーのり・ スプレープライマーなど木材用塗料・塗布型漆喰自然塗料など防虫・防腐剤テープ類ワックスその他の素材その他の塗料塗装用具その他
ご購入に際して
ご注文方法お支払方法送料(配達方法)について返品について特定商取引法に基づく表記お問い合わせフォーム
接着剤知識コーナー
接着剤を効果的に使用するために接着剤の適切な使い方接着の被着材別チェックポイント接着剤のはがし方の基本接着剤の試験方法接着用語集
リンク・その他について
相互リンク集店長 木村のお勧め情報バックナンバー
© 2004 TOOLFIRST. All Rights Reserved. SEO対策/ホームページ制作 bit.